お知らせ

- Information -

秦野ペットセレモニーより新着情報をお知らせいたします。

2020/11/19 更新

愛猫の死…再び

先日、雄のクロ玉を亡くして17日しか経ってませんが、今度は雄のリス玉が令和2年8月28日に逝きました。クロと同じ病気で腎臓です。クロが亡くなってから急に食欲が無くなったので家族を失ったショックからだと思い、普段の食事を変えたり色々工夫してみました。気に入った物は口にしていたのですが、段々と食べなくなり水も飲まなくなり注射器で苦労して飲ませていましたが、それさえも戻す様になりました。段々と横になって寝てる事が多くなり、それでも呼び鳴きだけはしていました。クロの時は看取れなかったので、なるべく傍に居てやろうと思っていました。朝仕事に行こうとすると、普段と何となく違う呼び鳴きをしたので覚悟を決めて職場まで連れて行きました。会社に着いてから長い時間、体を撫ででやりました。ほんの少しの時間、目を離した隙にリス玉は逝ってしまいました。息を止め、瞳孔の大きさが大きく変わっていたので一目でわかりました。私は「まだ、行くな!まだ、お別れ言ってないだろう」と言いながら体を撫ででいると、奇跡的に目に生気が戻り返事をしてくれました。

「有難うなぁ、苦しいだろうから、もう良いよ、良く頑張った。」と言って体を撫でている内に、逝きました。今度は戻って来ませんでした。

周りに気を配り、控えめな子でした。

Pocket